出産後

育毛シャンプーは体に悪い成分は入っていない?

育毛シャンプーはどんなものを使っても問題がないとか、値段が高いから効果があると思い込んで信じることは危険です。
特にシャンプーの成分によっては、人体や皮膚に悪影響を及ぼすものも含まれています。
そうした成分は育毛シャンプーが発売された当初は、特に問題なく使用されてきましたが、時が経つにつれて、さまざまな問題が出てくるようになりました。

育毛シャンプーでは、シリコンの入っているものがあれば、使用を止めておきましょう。
シリコンは髪をサラサラしたものに変えるコーティング剤ですが、このシリコンを使用しているシャンプーを使うと、表面的な髪のケアになりがちです。
さらに悪いことは、コーティング剤が頭皮に残ってしまう点です。

残ったコーティグ剤が、頭皮でかゆみやフケの原因となることがあります。
育毛シャンプーでは必ずノンシリコンを選ぶようにしてください。
他には合成化学物質や合成界面活性剤を使ったシャンプーも体に悪いとされています。

こうした化学物質を使った育毛シャンプーは、泡立ちがよく、よく洗えている気分になりますが、実際のところ洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な水分そして、油分なども落としてしまいます。
合成化学物質を使うと、そこまで洗い落とす必要はないのに、効き目がありすぎて体によくないということになります。
結果として、頭皮の肌荒れやフケを引き起こし、毛根にもダメージを与えることになります。

こうした人体に有害な成分を含むシャンプーは、値段の安いシャンプーであることがほとんどです。
できれば、天然成分しか使っていないようなシャンプーを使うべきでしょう。
こうして考えてみると、いつも使っているシャンプーや育毛シャンプーでも、必ずしもいいものばかりではないということです。
たくさん広告や宣伝を打っているところは特に気をつけたほうがいいでしょう。
価格が少々高くなっても、費用と効果のバランスの取れたものを選ぶようにすれば、間違いのないシャンプー選びができるはずです。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 髪の健康には欠かせないもの All Rights Reserved.